2017年9月8日金曜日

江戸時代から「大塚家」だった? ~苗字「大塚」の新発見!~



 大塚氏、大塚家のルーツを探すことに全力を傾けているこのブログだが、今回久しぶりに実家本家へ帰省することができ、



 新たな発見



があった!


 それはこれまでの調査で見落としていた大変興味深い内容で、まさに驚愕の事実だったりするのである!




 実家のお墓に関する調査で、これまで見つかっていなかった碑文を見つけた時にはさほどなんとも思わなかったのだが、



「実に面白い」



ことを見つけてしまったのだ。



==========


 今回発見した墓は明治時代のものである。


 明治、と聞けばたいていのこのブログの読者は「なんだ明治か」とちょっとスルーしてしまいそうになるのは当然。


 苗字の成り立ちやら、先祖やルーツを調べるに当たっては「明治」時代はもはや最近のことで、なんなら明治生まれの人は


「会ったり話したりしたことがある」


ことだって可能な”いわば現代”なのだからである。



 なので、最初私も、スルーしかけたのだが、そこに「大きな謎」が仕込まれていたのである。



 そのお墓、祀られているのは私のおそらく先祖筋に当たる人で、



「大塚■■」


さんのお墓、と刻印されている。建立者はその人のお父さんで、


「大塚□□」


さんと、これまたこの人の苗字と名前も彫り込んであるのである。




 問題なのは、その建立年号で、


「明治三年 午二月○日」


と刻まれている。


 江戸時代から戦前までの年号は、ほぼ干支が同時に記載されているので、その表記法が、

『寛政五癸丑○月○日』

とか

『文政六癸未正月○○日』

とか

『天明二壬寅年○○月廿○日』

とか、

『明治廿一子○月○日』

とか、六十干支の場合もあれば、十二支の場合もある。”年”の文字の記載がある場合も、ない場合もある。



 
 さて、当家の場合は、年号プラス十二支バージョンだと思われる。それ自体はなんてことないのだが、


明治3年2月のお墓に「大塚だれそれ」の文字が入っていることが、



「実に面白い」



のであった。


 なぜか。


 「平民苗字許可令」(太政官布告第608号)が出たのは明治3年9月19日(1870年10月13日)のことであり、


 明治3年2月の時点では、「苗字を名乗ることはまだ許されていない」可能性が大なのである。


 ましてや、必ず苗字を名乗れ、と定められた、「苗字必称義務令」は明治8年のことである。


 だとすれば、当家大塚氏は、


「苗字を名乗れと決められてから大塚を名乗った」


のではなく、ましてや


「苗字を名乗っていいよ、と決まる前にフライングでお墓に書いて」


いるのである。



 これを、「幕末から明治草創期に、苗字を名乗る許可を受けていた」と見ることもできる。

(あるいは許可直前で統制が緩んでいた?)




==========


 いずれにしても、これからわかることは、


 大塚家は、江戸時代から大塚家であり、後付した苗字(いわゆる必称令によって、創作したりしたもの)ではない


ということなのである。



 という地味ではあるが派手な発見がこの夏一番の成果であった。












2017年8月24日木曜日

<調査中> 高知県の大塚さん




 高知県の氏族は、いわゆる長宗我部時代と、そのあとの山内時代で大きく変動があり、むしろ旧来の豪族達はちょっとだけ圧力をかけられていた節があるので、調べるのに苦労することが多い。


 高知土佐と言えば坂本竜馬だが、坂本家が士分を後から購入したとはいえ

 
「上士と下士」


に身分が別れていた、なんてのはよく知られた話である。



 竜馬もののドラマなんかを見ていると、いばり散らす上士と、いじめられる下士のシーンが良く出てくる。


 この待遇の違いは、簡単に言えば長宗我部の旧家臣などの古い時代の豪族や戦国武将の子孫が「下士」で、新しく統治を任された「山内一豊」ら、後から入ってきた武士達が「上士」ということになる。


 このほか土佐では、侍待遇なんだけれど、城下ではなく郡部に住んでいる「郷士」格もたくさんいたので、そのあたりは本当にややこしい。


(ちなみに土佐以外では郷士に当たる地場の戦国武将の末裔は、帰農して庄屋になったりしていることが多いので、武士身分は失っていることがある)




========


 さて、というわけで、土佐にも大塚氏の記録が。


ウィキペディアより

大塚八木右衛門
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%A1%9A%E5%85%AB%E6%9C%A8%E5%8F%B3%E8%A1%9B%E9%96%80


土佐一条氏の家臣ということなので、古い時代の武家である。


土佐一条氏はバリバリの元貴族で、藤原氏の直系5摂家のひとつ。それが応仁の乱あたりに自分の荘園があった土佐へ移動してきたもので、格式が高いまま武家へと変化していった。


 戦国の争乱では、最終的には長宗我部に負けてしまうのだが、その長宗我部も・・・ねえ。




 で、大塚八木右衛門は、国侍なので中央からの下向組ではなく、元は地元の豪族であったか。


 
 現在でもこの土佐大塚氏が続いているのかは、不明。高知県の大塚さん、なにか伝承があれば教えてください!
  

<調査中> 宮城県の大塚さん



 苗字調べをしていて、北海道移住者や、開拓者などの名簿を当たっていると、「大塚氏」に出くわすことがある。




琴似兵村入植者
http://www.kotoni-works.co.jp/history/history3/history3.shtml




 今回は北海道は琴似へ移住なさった大塚氏。



 出身は宮城県の亘理郡とのことだが、亘理郡では氏族として大塚氏の記録があまり見つからない。


 その代わりに地名としての大塚が存在して、


 ■ 宮城県亘理郡亘理町長瀞大塚
  

 ■  宮城県亘理郡亘理町吉田大塚



の二箇所がすぐに見つかった。




 宮城県には、


 ■ 宮城県東松島市大塚



という地名もあり、こちらは一般的には「陸前大塚」と呼ばれている。陸前大塚駅があるので、地元の人はよくご存知だと思う。




 ========



 逆に、大塚氏族の系譜があまり見つからないということは、地名由来の苗字なのかもしれない、と現段階では調査不足。



 宮城県の大塚さんで、ルーツをいろいろ伝承なさっている人は、ぜひお教えいただきたい。



 旧陸奥地方は、分割前が広大だったため、絞込みが難しいのが難点!!!

<姓氏家系>完全網羅 苗字 中塚姓・中塚氏・中塚さんのすべて! 全中塚氏族 由来・ルーツ 超まとめスペシャル

大塚姓との関連を調べるため、周辺の苗字の由来も読み解いてゆきます。


全国の中塚氏・中塚さんにまつわる先祖のルーツを完全網羅しています。

 抜けているもの、未調査のものは、随時加筆しています。
(最終更新 2017.8.24)


☆個別の御家のルーツについてより詳しく知りたい方は、記事下部の
「苗字・名字の由来と先祖探しのアドバイスをします」
よりご依頼ください☆



==========


★ 参考文献 ★

 今回のリスト制作に当たっては、以下の参考文献を元に作成した。

 ① 「寛政重修諸家譜」 索引ならびに影印本 近代デジタルライブラリー 国立国会図書館

    http://kindai.ndl.go.jp/

 ② 「家紋でたどるあなたの家系」 千鹿野茂  八木書店

 ③ 「続・家紋でたどるあなたの家系」 千鹿野茂  八木書店

 ④ 「姓氏家系辞書・姓氏家系大辞典」 太田亮 近代デジタルライブラリー版

 ⑤ 「日本の苗字7000傑」  http://www.myj7000.jp-biz.net/
 

==========


 今回のリストは、上記参考文献を元に、全国各地に散らばる「中塚姓」「中塚氏」について、なるべく重複を避ける形でわかっていることを列記したものである。

※ 寛政譜に記載のある場合、数字においては【八木書店版】「寛政重修諸家譜」の巻数を表す。

【  】内についてはわかるかぎりの家紋を示した。


==========


A  中塚氏  備中国。橘氏より出て、大塚・中塚・小塚と別れたものか。東作誌など。


B  中塚氏  磐城地方。田村家臣に中塚氏があったが、天正期に二階堂氏に滅ぼされる。





そのほか、中塚姓の家紋では


【源氏車】




などを用いるものがある。


 この他は現在調査中

==========


<告知です>

500円でなんでも頼めるココナラにおいて「苗字・名字の由来と先祖探しのアドバイスをします」というサービスを開始しました。

 https://coconala.com/services/41874


みなさんの「名字・苗字のルーツ調べ」をさくっとお手軽にお手伝いいたします。

詳しいサービス内容は上記リンクをご参照ください。


既に何件かサポートさせていただきましたが、喜んでいただいております(^^


あなたも歴史ミステリーの扉を開いてみませんか?!


==========

<特集で紹介されました~>

「こんなの見たことない!」ワクワクするユニークなサービスまとめ

http://coconala.com/featured/entry/4372



==========

<新サービス開始>

「戦国武将・歴史上の人物に出会う旅! ~あなたと偉人を繋げます~」

https://coconala.com/services/47988



==========

<姓氏家系>完全網羅 苗字 塚本姓・塚本氏・塚本さんのすべて! 全塚本氏族 由来・ルーツ 超まとめスペシャル

大塚姓との関連を調べるため、周辺の苗字の由来も読み解いてゆきます。


全国の塚本氏・塚本さんにまつわる先祖のルーツを完全網羅しています。

 抜けているもの、未調査のものは、随時加筆しています。
(最終更新 2017.8.24)


☆個別の御家のルーツについてより詳しく知りたい方は、記事下部の
「苗字・名字の由来と先祖探しのアドバイスをします」
よりご依頼ください☆



==========


★ 参考文献 ★

 今回のリスト制作に当たっては、以下の参考文献を元に作成した。

 ① 「寛政重修諸家譜」 索引ならびに影印本 近代デジタルライブラリー 国立国会図書館

    http://kindai.ndl.go.jp/

 ② 「家紋でたどるあなたの家系」 千鹿野茂  八木書店

 ③ 「続・家紋でたどるあなたの家系」 千鹿野茂  八木書店

 ④ 「姓氏家系辞書・姓氏家系大辞典」 太田亮 近代デジタルライブラリー版

 ⑤ 「日本の苗字7000傑」  http://www.myj7000.jp-biz.net/
 

==========


 今回のリストは、上記参考文献を元に、全国各地に散らばる「塚本姓」「塚本氏」について、なるべく重複を避ける形でわかっていることを列記したものである。

※ 寛政譜に記載のある場合、数字においては【八木書店版】「寛政重修諸家譜」の巻数を表す。

【  】内についてはわかるかぎりの家紋を示した。


==========



 塚本姓は、氏族姓としてのほか、「地名姓」として生じているものも多い。その場合、本来の地名は「大塚」であったり、「塚原」や「遠塚」など塚にまつわるもので、その場所に住む氏族が「塚本」を名乗ることが多いと思われる。

 詳細は調査中。




A  塚本氏   桓武平氏より出て筑後国。 【カタバミ】 肥後の菊池氏に仕えたのも同族か?


B  塚本氏   河内国。橘氏より出る。【橘】 元越智姓伊予橘氏から、楠木氏系統もあるか。





そのほか、塚本姓の家紋では


【月星】

【両引】



などを用いるものがある。


 この他は現在調査中

==========


<告知です>

500円でなんでも頼めるココナラにおいて「苗字・名字の由来と先祖探しのアドバイスをします」というサービスを開始しました。

 https://coconala.com/services/41874


みなさんの「名字・苗字のルーツ調べ」をさくっとお手軽にお手伝いいたします。

詳しいサービス内容は上記リンクをご参照ください。


既に何件かサポートさせていただきましたが、喜んでいただいております(^^


あなたも歴史ミステリーの扉を開いてみませんか?!


==========

<特集で紹介されました~>

「こんなの見たことない!」ワクワクするユニークなサービスまとめ

http://coconala.com/featured/entry/4372



==========

<新サービス開始>

「戦国武将・歴史上の人物に出会う旅! ~あなたと偉人を繋げます~」

https://coconala.com/services/47988



==========

2017年6月9日金曜日

満鉄社員の調べ方 ~南満州鉄道 社員録・社員名簿一覧~ (職員録・職員名簿)




 昨年の記事で取り上げた「満鉄・南満州鉄道」関連の情報ですが、


(旧記事)
南満州鉄道に勤務していた祖父を探す
https://samurai-otsuka.blogspot.jp/2016/02/blog-post_12.html



満鉄会さん(満鉄会情報センター)
http://www.01.246.ne.jp/~mateka/index.html

も2016年3月で解散してしまったため、まずは自力で探す必要があります。


 そこで、インターネット上でも満鉄職員を調べることができるリンクをご用意しましたので、デジタルな検索はかけられませんが、アナログでもよければご先祖さま調べにご利用ください。




===========



 (国立国会図書館デジタルコレクション版)

■ 南満州鉄道株式会社 「社員録」 昭和9年9月1日現在

 http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1146528


 
■ 南満州鉄道株式会社 「社員録」 昭和10年12月1日現在

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1711143

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1454615



■ 南満州鉄道株式会社 「社員録」 昭和12年9月1日現在

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1463740

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1445379



■ 南満州鉄道株式会社 「社員録」 昭和15年7月1日現在

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1454231



■ 満州官民職員録 (多田商会1934) 昭和9年版

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1452665




■ 満州職員録  (満州日日新聞社1940) 昭和16年

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1445663






2017年6月1日木曜日

<調査中> 岐阜県を中心とした大塚さん 



 大塚氏についての調査は、あまり新しい情報が入ってこなかったので停滞気味だったのだが、ブログの読者の方から



 かなり興味深いお話



を頂いたので、まとめつつご紹介する次第。



 結論から言えば、まだ見つかっていなかった「新しい大塚一族」が発見されたので、さっそく詳細をお伝えすることにする。



 ご連絡を頂いたのは関西地方にゆかりのある大塚さんなのだが、おそらくは系図の写しを持っておられるようで、その中身がかなり詳細で興味深いので、個人情報に配慮しながら記述を読み解いてゆきたいと思う。



 本来の系図は、ある程度まとまった形のものだったと推測するが、資料を見せていただいたものは、

「人物の名前とちょっとした説明書き」

が書き連ねてあるもので、それでも、おそらく直系子孫が一筆書きでつながるような形になっている。

 原本にはおそらく傍系も一部記載があったのかもしれないが、写しなので「当主」のみが続いている形である。


 まずはその冒頭部分を


【大塚家譜  旗紋 根笹  幕紋 州浜  馬印 輪違い】


 このように、3種類の家紋について言及があるので、なかなか本格的な武家の様式であると思われる。

 現代私達がつかう家紋は、だいたいこれらのうちのどれかが伝承されて減ってしまうことが多いが、ちゃんと使い分けが記録されているところがすごい!



 そして系統であるが


【 清和天皇 - 貞純親王 - 経基 - 満仲 - 頼光 - 頼国 】 


とつながってゆく。


 バリバリの清和源氏のわかりやすい系図である(^^


※清和源氏 清和天皇から出た源氏の本家本元みたいな流派。のちに鎌倉幕府を開く源頼朝も、室町幕府の足利氏ももちろんこの系統。




頼光
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%90%E9%A0%BC%E5%85%89


頼国
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%90%E9%A0%BC%E5%9B%BD


このあたりは歴史でもおなじみの人物である。


さてここから


【 国信 - 頼実 - 光信(始 号大塚) 】


と続く。


 源光信が、”はじめて大塚と号した”と読める。


 頼実まではウィキペディアでも拾えるが、


頼実
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%90%E9%A0%BC%E5%AE%9F



 おそらくその子の光信は、大塚に名前を変えていることもあってか、他の記録に残っていない可能性もある。




==========





 さて、この一族、ここから10代くらいは、おそらく都にいて官位をもらいながら貴族として生活したようである。

 光信は「出羽守・従五位下」であり、この従五位下が平安貴族として認められる最低ラインなので、ここまでは朝廷の本流にいた、ということだと推定できる。



 光信から6代は、おなじく従五位下の位で、 「伊賀守」「左近将監」「隠岐守」などの職を得ていることがわかる。



 さて、この子孫のうち、途中で、


「国行 (後鳥羽院北面達)」


という人物が現れる。 このあたりからいわゆる「北面の武士」としてこの大塚家が、貴族から武家へと変化していったことがうかがえる。


 ここから二十代くらいは、官職も「式部大輔」「大蔵少輔」「右京大夫」「上野介」など、役職が少しずつ下がっていることがわかる。



 その後、南北朝時代になって、この大塚氏は土岐頼康の家臣になったことが書いてある。


 この人物の註には


「厚見郡川手村に住む」


とあるので、


土岐頼康の居城「川手城」
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E6%89%8B%E5%9F%8E



にいたことがわかる。




 系図は、戦国時代ごろで終わっているのだが、こうして見ると、とある大塚家の内部の系図としては、



「かなり信憑性が高いし、丁寧に書かれている」



という印象を受ける。


 無茶苦茶勝手に系図を繋いだりはしていないと思う。



 なぜなら、土岐氏自身が清和源氏から美濃源氏へと出た大族なのだが、その系統とは


「違う」


ということをわざわざ書いているからである。 大きい意味では同族だけれども、ネームバリューの大きい土岐氏に引っ張られることなく、



「平安時代は美濃にいなかったもんね。京都にいたんだもん」


ということをさりげなく主張し、


「主人は土岐氏だけど、負けず劣らずうちも名家だもん」


ということを匂わしているあたりが、この系図の正しさを示していると思われる。




※土岐氏からは、あの明智光秀も出ている。
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%9F%E5%B2%90%E6%B0%8F






 というわけで、新しい大塚氏は、清和源氏頼光流から出て、のちに土岐氏家臣となった名族ということでリストに加えて置くことにしたい。


(資料教えてくださった方に、心より感謝します)